[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

基礎知識

日本の慢性透析療法の現況

2013.4.1

文:じんラボスタッフ

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

出典:日本透析医学会「わが国の慢性透析療法の現況2011年12月31日現在」より

施設数と患者数

2011年末 対前年増
施設数 4,205施設 39施設 0.9%
人工腎臓台数 121,835台 3,213台 2.7%
慢性透析患者数 304,592人 6,340人 -
導入患者数 38,893人 1,381人 3.7%
死亡患者数 30,831人 1,949人 6.7%
人口100万人対比 2,383.4人 54.3人 -

2011年末、患者数が初めて30万人を超えました。
国民419.6人に一 人が透析患者です。人口対比率は年々増加しています。


透析治療の形態

昼間 253,722人 83.3%
夜間 40,917人 13.4%
在宅血液 327人 0.1%
腹膜透析 9,626人 3.2%
透析治療の形態

昼間透析は前年比0.8%増、夜間透析は0.7%減でした。
在宅血液透析患者は前年より50人増加しました。
腹膜透析患者は前年より147人減少しました。


都道府県別患者数

都道府県 患者数 都道府県 患者数 都道府県 患者数 都道府県 患者数
北海道 14,602人 東京都 29,135人 滋賀県 2,862人 香川県 2,531人
青森県 3,335人 神奈川県 18,621人 京都府 6,023人 愛媛県 3,609人
岩手県 2,918人 新潟県 4,867人 大阪府 22,176人 高知県 2,272人
宮城県 4,879人 富山県 2,363人 兵庫県 12,728人 福岡県 13,737人
秋田県 1,882人 石川県 2,678人 奈良県 3,214人 佐賀県 2,136人
山形県 2,433人 福井県 1,724人 和歌山県 2,846人 長崎県 3,840人
福島県 4,564人 山梨県 2,229人 鳥取県 1,436人 熊本県 5,951人
茨城県 7,265人 長野県 4,693人 島根県 1,464人 大分県 3,829人
栃木県 5,548人 岐阜県 4,547人 岡山県 4,546人 宮崎県 3,641人
群馬県 5,307人 静岡県 9,898人 広島県 7,202人 鹿児島県  5,189人
埼玉県 15,682人 愛知県 16,525人 山口県 3,424人 沖縄県 4,208人
千葉県 13,259人 三重県 4,077人 徳島県 2,697人 合計:304,592人

1位:東京都、2位:大阪府、3位:神奈川県の順になっています。


透析期間別および性別

透析期間 男性 女性 不詳
5年未満 92,641人 48,134人 3人 140,778人 47.8%
5年以上10年未満 46,739人 27,970人 0人 74,709人 25.3%
10年以上15年未満 22,112人 15,336人 0人 37,448人 12.7%
15年以上20年未満 11,067人 8,414人 0人 19,481人 6.6%
20年以上25年未満 5,667人 4,934人 0人 10,601人 3.6%
25年以上 6,393人 5,409人 0人 11,802人 4.0%

男性がいずれの透析期間でも女性より多いですが、男女差は長期透析になるほど小さくなっています。
25年以上の透析患者は前年より569人増加しました。


原疾患と平均年齢

原疾患 % 平均年齢
糖尿病性腎症 36.6% 66.73
慢性糸球体腎炎 34.7% 65.37
腎硬化症 7.9% 73.61
多発性嚢胞腎 3.4% 64.13
慢性腎盂腎炎 1.0% 64.40
悪性高血圧 0.8% 63.74
ループス腎炎 0.8% 59.62
急速進行性糸球体腎炎 0.7% 67.18
移植後再導入 0.7% 55.04
妊娠腎/妊娠中毒症 0.6% 62.63
その他腎炎 0.4% 59.56
痛風腎 0.4% 66.38
腎・尿路腫瘍 0.3% 71.42
その他 11.7% 62.07

ずっと1位だった慢性糸球体腎炎を抜いて、糖尿病性腎症が1位になりました。
前年に比べ、糖尿病性腎症は0.7%増、慢性糸球体腎炎は1.5%減でした。


死亡原因(上位5つ)

死因 %
心不全 25.4%
感染症 24.4%
悪性腫瘍 11.6%
脳血管障害 5.3%

不全の割合は前年に比べ0.5%増、感染症が1.9%減で1位と2位が逆転しました。


海外との比較

DOPPS(Dialysis Outcomes & Practice Patterns Study)
〜血液透析の治療方法と患者の予後についての調査より

※DOPPSは世界12か国/340施設、参加人数2万人規模の調査です(2002年)。

DOPPSから得られた日本の特徴は以下の通りです。

  • 低い死亡率
  • 高いQOL、栄養指標
  • 高い体重増加率
  • 低い入院率:長い入院期間
  • 低い合併症罹患率
  • 高い透析治療の遵守(透析スキップ率:0.6%/月)
  • 医師による高い患者診療頻度(透析毎:73%) 米国は極めて低い

年間死亡率は欧州:17.1%、米国:23.5%に対し日本:6.6%となっています。
しかし、体重増加率は欧州:11%、米国:16.8%に対し日本:34.5%とかなり高くなっています。

日本においてさらに検討を要する治療事項としては、以下の通りです。

  • 標準化透析量が低い患者(single-pool Kt/V 1.2以下)の割合が高い(32%)
  • 低い血流量(平均195ml/min)
  • 低いヘモグロビン濃度(中央値9.8g/dl)
  • 少ないEPO投与量(95IU/kg/週)
  • 入院期間が長い患者(30日以上)の割合が高い(19.7%)
  • 透析治療間の体重増加患者(5.7%以上)の割合が多い(34%)
  • B型肝炎陽転率が高い
  • 身体面は高いが精神面のQOLスコアが低い
こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「基礎知識」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

基礎知識内検索