じんラボ ファンキー館 OPEN!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

基礎知識

書籍紹介(専門書等)

2013.4.1

文:所長

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

たくさんの専門書や医療に関する書籍がある中、所長が実際に読み、所長のブログ外部サイトへでご紹介したものをこちらに取り上げてみました。
これからも良い書籍と出会ったら、どんどんご紹介していきます。
また、皆さまのオススメ書籍がございましたら是非ご紹介ください!

透析患者の検査値ビジュアルノート—難しい検査値もカンタンに解読!
真鶴会小倉第一病院 (著)
  • 単行本:91ページ
  • 出版社:メディカ出版 (2011/3/23)
  • ISBN-10:4840436460
  • ISBN-13:978-4840436465

血液検査の結果で、どの値がどれくらいだと大丈夫なのか、言葉・文字で理解するより、図も交えて提示されると、とても分かりやすいですよね。
そして、本自体がB5判と大きいのもいいです。本書の説明では、もともと「透析医療に携わる看護師さんが患者さんに検査値のことを説明するために使いやすい書籍をつくりたい。」という企画だったようですが、十分に患者さん・ご家族が読まれても理解できる平易な文章で書かれています。(所々にやはり専門的用語が入ってはいますが…)検査結果の値がそれぞれ高い(または低い)と体にどんな影響があるのか。また、その原因は。日常生活でどういったことに気を付ければ良いのか。など、分かりやすく解説してあります。


患者指導に役立つ透析患者の検査値ハンドブック
患者指導に役立つ透析患者の検査値ハンドブック
斎藤 明 (監修)
  • 新書:179ページ
  • 出版社:メディカ出版; 改訂3版 (2010/6/18)
  • ISBN-10:4840433119
  • ISBN-13:978-4840433112

副題に「患者指導に役立つ」とあるように、医療従事者向けの本なのですが、患者であっても十分理解でき、また役に立つ本です。病院の定期検査のデータについて、細かく病院で説明を受けることはなかなかできないので、購入しました。
「検査項目値の捉え方」、「異常値とその原因」や「検査値からわかることと治療方針」などが詳しく書いてあります。最初から通読するタイプのものではなく、検査の結果が出た時にちょっと気になる項目があった時など辞書的に引いて読むことをおすすめします。小さい本の割にちょっと高いのが難点ですが(医学書はだいたい高めですよね…)、とても勉強になる本ですよ。


Dr.ジンゾーの透析療法の初歩—Medicalコミック
Dr.ジンゾーの透析療法の初歩—Medicalコミック
佐藤 良和 (著)
  • 単行本:198ページ
  • 出版社:南山堂 (2006/8/15)
  • ISBN-10:4525258519
  • ISBN-13:978-4525258511

この本は、透析医が書いていますが、実はマンガで、そのマンガを透析医の先生自ら書かれているというユニークなものです。内容は腎臓の機能を知ることから透析の基本的な知識、また、合併症、自己管理に関してまで一通り書かれており、しかもマンガなので、文章だけのものより、すんなりと頭に入ってくる感じでした。ただその半面、絵的にリアルなタッチではないのですが、 それでもちょっと絵で改めてみるとなんかちょっとリアルで、ドキッとする場面もあったりしました。そんな風に感じるのは、極端に臆病な私くらいかも知れませんが…。そしてその絵は、もう十分「プロ」と言ってもいいくらいの完成度です。というかプロフィールを拝見したら「イラストレーターとしても活動中」と書かれてありました(笑)。あ、「プロ」だったんですね。うまいはずです。
マンガでも読み応え十分な一冊ですよ。


透析医が透析患者になってわかったしっかり透析のヒケツ—エビデンスに基づく患者さん本位の至適透析
透析医が透析患者になってわかったしっかり透析のヒケツ—エビデンスに基づく患者さん本位の至適透析
鈴木 一之 (著)
  • 単行本:248ページ
  • 出版社:メディカ出版 (2009/3/19)
  • ISBN-10:4840428972
  • ISBN-13:978-4840428972

本のタイトルを読んでお分かりのとおり、この本の著者は医師です。透析患者であり、透析医でもある医師なのです。医師としての視点、患者としての視点両面から書かれており、随所にそれが表れている素晴らしい本だと思います。この著書では基本的な透析の事はもちろんのこと、自己管理の工夫について等が書かれていますが、透析患者が元気で長生きするために大切なこととして、
・しっかり透析をすること
・体水分を適切にコントロールすること
・きちんと食べること
の3つを挙げられています。たとえば、「1回4時間×週3回」の血液透析が当たり前みたいになっている現状に警鐘を鳴らし、長時間透析を推奨しています。そして、「オーバーナイト透析」のことも触れられていました。ぜひご一読をお勧めします。


腎臓病の人のための早わかり食品成分表—知りたいことがすぐわかり、食事療法にすぐに役立つ (主婦の友ベストBOOKS)
腎臓病の人のための早わかり食品成分表—知りたいことがすぐわかり、食事療法にすぐに役立つ (主婦の友ベストBOOKS)
吉田 美香 (著)
  • 単行本(ソフトカバー):160ページ
  • 出版社:主婦の友社 (2010/3/29)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10:4072716677
  • ISBN-13:978-4072716670

本書の一番の特徴は、まず食品が豊富な写真で掲載されており、栄養成分が一目で分かるようになっている点です。どの書籍でも共通して言えることですが、個人差はもちろんありますが、パッと見た時の見やすさはとても大切です。内容に戻ると、腎臓病の基本的な知識について冒頭に書かれ、その後食品(食材)ごとに、日常よく使う、ひとまとまりの分量あたりが写真と成分毎に掲載されています。全体を通しての感想としては、腎臓病となり、「腎臓病の食事管理」について学びたいと思った方が最初に手に取る書籍としてはとても良いと思います。
ただ、外食のことは載っていませんので、外食をされる機会がある方は、本書で学んだあと外食メニューについて掲載されている書籍を読まれると良いのではないでしょうか。


透析ナースのための病態生理赤塚ゼミ (わかりやすいゼミナールシリーズ)
透析ナースのための病態生理赤塚ゼミ (わかりやすいゼミナールシリーズ)
赤塚 東司雄 (著)
  • 単行本:239ページ
  • 出版社:メディカ出版 (2011/2/23)
  • ISBN-10:4840436568
  • ISBN-13:978-4840436564

本書ですが、タイトルどおり透析を担当される看護師さん向けに書かれた本ではありますが、看護師さんのみならず透析患者さんでも十分に理解できる易しい文章、分かりやすい内容になっていると思います。「わかりやすいゼミナールシリーズ」とあるように授業のような形式になっており、7日目までの講義があって、それぞれに「小テスト」があります。皆さんも受講されてはいかがでしょうか。


サイコネフロロジーの臨床—透析患者のこころを受けとめる・支える
サイコネフロロジーの臨床—透析患者のこころを受けとめる・支える
春木 繁一 (著)
  • 単行本:342ページ
  • 出版社:メディカ出版 (2010/11/17)
  • ISBN-10:4840433402
  • ISBN-13:978-4840433402

皆さんは「サイコネフロロジー」という言葉をご存知でしょうか? 日本語で言うと「精神腎臓病学」といわれるもので、「腎臓病の医療者が、透析患者のストレスや気持ちを知って、治療やケアに役立てる学問」の事です。筆者である春木先生自身は精神科医であると同時に透析歴38年半(!)の今年で満70歳(2010.12当時)を迎えた透析患者でもあります。しっかり読んで勉強したいと思います。


透析バンザイ
透析バンザイ
バンザイ (著, イラスト)
  • 単行本:102ページ
  • 出版社:イーホープ; 初版 (2008/1/5)
  • 言語 日本語
  • ISBN-10:4901400207
  • ISBN-13:978-4901400206

著者は透析患者です。実は私自身交流があり、とてもお世話になっています。
本書は元々ブログに掲載されていたものが製本されたもので、現在もブログ(透析バンザイ!!!外部サイトへ)にマンガの掲載が継続されています。ちなみに私も載せていただきました(笑)。
透析について、透析患者の気持ち、腎臓病に関すること、医療者と患者のコミュニケーション等々、内容的にちょっと難しいこともマンガでとても分かり易く描かれています。
透析患者はもちろんのこと、ご家族、透析医療に携わる医療職の皆さんと幅広い方々にぜひお読みいただきたい一冊です。


写真でわかる透析看護—透析患者のQOL向上を目指すケア (写真でわかるシリーズ)
写真でわかる透析看護—透析患者のQOL向上を目指すケア (写真でわかるシリーズ)
佐藤 エキ子 (監修), 加曽利 良子
  • 単行本:110ページ
  • 出版社:インターメディカ (2008/05)
  • ISBN-10:489996188X
  • ISBN-13:978-4899961888

透析に携わる医療スタッフ向けの書籍ですが、タイトルどおり写真が満載で、透析を受けている患者が、自分が受けている透析のことをハード面から中心に知ることができる一冊です。
理屈として文章で学ぶことも必要ではありますが、透析をする際に使用され見慣れている機器とその仕組みについて知ることで、目から鱗的な観点で透析自体のその仕組みの理解がさらにスムースになります。


図解でわかる腎臓病—腎臓を守る2週間メソッドつき (徹底対策シリーズ)
図解でわかる腎臓病—腎臓を守る2週間メソッドつき (徹底対策シリーズ)
川村 哲也 (監修)
  • 単行本(ソフトカバー):160ページ
  • 出版社:主婦の友社 (2012/3/7)
  • ISBN-10:4072806439
  • ISBN-13:978-4072806432

タイトル通り「図解」が多く挿入されており、大変読みやすい構成になっている本です。また、広げて見やすいサイズなのも良いです。
後半にはかなりのボリュームを使って詳しく「食事療法」の特集がされています。ここでもやはり写真が多く用いられ、2週間分の献立とレシピが紹介されて、いわゆる「献立の立て方メソッド」を学べる工夫がされています。腎臓病のことをまず知りたいと思った時、いわゆる初心者向けの本は書店に行くと沢山あり、迷ってしまいますがその中でも本書はお薦めといえます。


透析者のくらしと医療
透析者のくらしと医療
杉澤 秀博 (編集), 山崎 親雄 (編集), 西 三郎 (編集)
  • 単行本:219ページ
  • 出版社:日本評論社 (2005/11)
  • ISBN-10:4535982597
  • ISBN-13:978-4535982598

透析患者にとって、慢性腎不全という病気と透析を知り、自ら納得した透析を受けることが大切なことは言うまでもありませんが、透析をすることによって、その人が生活をしていく中で受ける影響は様々なものがあります。

「就業の問題」
「結婚・出産の問題」
「福祉制度との関わり」
「透析患者自身の高齢化・孤立化の問題」
などなど。

これらの問題で悩んでいる方の力に少しでもなれるようにと自身の経験と重ねながら、自己研鑽を積んでいかなければと常に思っているわけですが、一般的な「医療・看護」に関する専門書そして、「癌」に関する書籍は多くあるのですが、いわゆる「透析」に絞ってソーシャルワーク的なアプローチで書かれた書籍は以外と少ないです。しかしこの本は、私が求めていた内容がかなり多く網羅されています。

ちなみに本書では「透析者」「透析患者」を言い分けています。
この区別分かりますか?
恥ずかしながら、私も最初は分かりませんでした。本書によるとこの使い分けをこう定義付けています。

「透析者」とは、医療の枠内でのみ理解され、解決の方向性が見いだせるものではないもの。
医療以外の社会的条件との関連でとらえる必要があり、そこでは透析患者は「患者」ではなく、「生活者」として見る必要があるため。

「透析患者」は、直接的に医療の枠内で理解され、とらえられるもの。

としています。言われてみれば、なるほどと思います。


病院のトラブル解決法—
病院のトラブル解決法—医療経営・現場のトラブル対策&問題解決ヒント集 (New Medical Management)
遠藤 隆 (著), 高嶋 徳紘 (監修)
  • 単行本:223ページ
  • 出版社:ぱる出版 (2006/02)
  • ISBN-10:4827202427
  • ISBN-13:978-4827202427

この「ぱる出版」さんの「New Medical Manegement」シリーズは、何冊か読んでいます。
病院と企業では違いますが、私自身会社に勤めていた時に、トラブル対応をやっていた時期があったので、通じる点も多々ありました。医療関係者にはぜひ一読いただきたい一冊です。


患者の声を医療に生かす
患者の声を医療に生かす
大熊 由紀子 (著), 開原 成允 (著), 服部 洋一 (著)
  • 単行本:198ページ
  • 出版社:医学書院 (2006/02)
  • ISBN-10:4260002295
  • ISBN-13:978-4260002295

様々な病気の患者の方、そして患者会代表の方、医療事故被害者の遺族、医師、大学の教授等多彩な筆者が執筆しており、それぞれのお立場から医療への熱い想いが綴られています。内容はもちろんのこと、本書はB5版で約200ページあり、読み応えのある素晴らしい一冊だと思います。


医療を動かす—HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録
医療を動かす—HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録
HSP活動報告委員会 (著)
  • 単行本:109ページ
  • 出版社:幻冬舎 (2007/12)
  • ISBN-10:4344014383
  • ISBN-13:978-4344014381

本書は副題にも書かれているとおり、東京大学で開催されていた「医療政策人材養成講座」での活動の記録をまとめたものです。本書を読み活動を知って、私自身、本講座を当時知っていて時間的に可能であったなら、おそらく申し込んでいたと思うような興味深いもので、私の知人にも本講座を受講されていた方がいらっしゃいました。
本講座は、「医療政策立案者」「医療提供者」「患者支援者」「医療ジャーナリスト」と4つのステークホルダー(利害関係者)が立場を越えて、一緒になって活動を進めている所に大きな特徴があります。講座のその特徴のとおり、患者・ご家族、医療提供者等、その立場は関係なく一読をお薦めする一冊です。


医療マーケティング
医療マーケティング
真野 俊樹 (著)
  • 単行本:249ページ
  • 出版社:日本評論社 (2003/02)
  • ISBN-10:4535982120
  • ISBN-13:978-4535982123

「医療」に携わる方にとって、新しい観点からの「医療」の捉え方を学べる一冊だと思います。


患者名人—医師とともに歩む快方への道
患者名人—医師とともに歩む快方への道
長尾 哲彦 (著)
  • 単行本:287ページ
  • 出版社:西日本新聞社 (2010/05)
  • ISBN-10:481670812X
  • ISBN-13:978-4816708121

いわゆる「患者力」を上げるのにとても良い本だと思います。
「患者と医療従事者の信頼関係をもう一度築きなおすことが今のわが国では何よりも大切なことであり、病歴や身体診察を重視したかかりつけ医機能の充実が、その基本になる…」 とあった著者の長尾先生の言葉にとても共感を覚えました。
タイトルが「患者名人」とありますが、患者だけではなく、医療従事者の方々にもぜひ読んでいただきたいと思います。「医療とは何か」という根源をも考えさせられ、 新たな気付きをいただける素晴らしい一冊です。

※個別の返信は行っておりません。

所長

所長
株式会社ペイシェントフッド代表。社会福祉士。透析歴29年。 14年間勤めたソニー(株)を退職後、福祉職を経て、同社を設立。 長い年月にわたり「治療を受ける」という「受け身の立場」で医療と関わってきましたが、腎臓病を経て、透析を受ける当事者として、その経験・想いを「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」役立てられないかと一念発起し、起業しました。 「じんラボ」はみなさんと一緒につくりあげていくコミュニティです。どうぞよろしくお願いします!

所長 の記事一覧

こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「基礎知識」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

PR

ぼやいてみる

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

基礎知識内検索