[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

じんラボ所長室

全国透析施設めぐりの旅7 広島編・前編

1/3ページ

2016.1.7

お待たせしました!
1年2ヵ月ぶりの透析施設めぐりの旅です

第7回の広島編は「京都駅前武田透析クリニック」吉岡先生からのご紹介で広島県呉市の「中央内科クリニック外部サイトへ」を伺い、川合副院長への取材と臨時透析でお世話になってきました。もちろん広島の観光・名所も巡り、患者会訪問と今回も盛りだくさんです!

※広島編は前後編の2回にわたってお伝えします。


訪問クリニック

医療法人 中央内科クリニック

院長 川合 淳 川合 淳 川合 淳 院長
所在地 〒737-0142 広島県呉市広駅前1丁目4‐58
TEL:0823-71-8585
http://chuounaika.com/
診療内容 内科、腎臓内科、透析内科、循環器内科、リハビリテーション科
透析時間 月水金 3クール(①8:30〜14:00、②14:00〜19:00、③16:00〜22:00)
火木土 1クール(①8:30〜14:00)
 

クリニック・院長先生のポリシー

患者さんに今、自分たちにできる最高の医療を提供する。

クリニックの特長

個人透析装置を導入し、患者一人一人に合わせたオーダーメイド透析を提供します。腹膜透析、PD併用血液透析、在宅透析など患者さんのニーズに幅広くお応えします。

特筆すべきサービス

広島県呉市広町を拠点とした有床診療所です。

バスキュラーアクセス管理は聴診、触診などの理学的所見を中心に、必要に応じてエコー検査を行い、狭窄・閉塞事例については当院でVAIVTをしております。

透析患者さんの高齢化、長期化等さまざまな要因で生じた機能低下の治療、予防のためのリハビリテーション、また重症下肢潰瘍の予防、治療のため、専用のお部屋で炭酸浴を行っています。

旅行者の透析もできる限りお受けしています。広島県にお越しの際は、お気軽にご連絡ください。

院長について

好きな言葉:雲外蒼天
趣味:旅行、食べ歩き、飲み歩き
大切なもの等:学会や研究会で知り合った先生方、スタッフ、家族

腎臓病患者さん・透析患者さんへの一言

自分のこと(体)は人任せにせず、情報に惑わされず、各々が責任を持って行動しましょう。

これからの透析医療について

日本全体にいえることですが、高齢化社会が急速に進行しています。透析医療も患者の高齢化とともに認知症を合併した方が急増しています。このような状況下において、画一的な治療ではなく患者さん一人一人に応じた医療の提供が必要となってくると思います。

「じんラボ」へのメッセージ

患者さんに必要な情報を、これからもわかりやすく提供していただきたいと思います。

ご紹介いただいた次回の訪問先

医療法人 百武医院 正野武文先生をご紹介させていただきます。
百武医院は長年5時間透析を実施されている福岡県田川市の透析施設です。正野先生は透析医療に熱心に取り組まれている大変ユニークな先生ですので推薦させていただきます。

>>次ページ今回は4泊5日の長旅です

所長

所長
株式会社ペイシェントフッド代表。社会福祉士。透析歴29年。 14年間勤めたソニー(株)を退職後、福祉職を経て、同社を設立。 長い年月にわたり「治療を受ける」という「受け身の立場」で医療と関わってきましたが、腎臓病を経て、透析を受ける当事者として、その経験・想いを「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」役立てられないかと一念発起し、起業しました。 「じんラボ」はみなさんと一緒につくりあげていくコミュニティです。どうぞよろしくお願いします!

所長 の記事一覧

こんな情報が知りたい、その他ご要望など、「じんラボ所長室」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

全国透析施設めぐりの旅

医療者と患者 共に幸せな透析施設を考える

その他のじんラボ所長室