[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

生き活きナビ(サポート情報)

楽園の島バリ島で透析を。
【第2回】バリ島の魅力

2014.4.10

文:織田裕恵

緑の文字の用語をクリックすると用語解説ページに移動するよ。

じんラボ をフォローして最新情報をチェック!

私が初めてバリ島に来たのは1994年。一人でバリ島に旅行に出かけました。観光客を迎えに来ているガイドさんや出迎えの人でごった返している空港、肌の黒い人達・・・。
初めはちょっと違和感を覚え、人々の顔をちょっと怖く感じました(ごめんなさい)。
でも、私と目が合うと真っ白な歯を見せて“ニコ~!”と笑ってくれました。

イメージ

その笑顔はマニュアル化されたものではなく、心からの笑顔!自分も思わず笑顔になった事を覚えています♪

20代前半の頃は、アメリカが好きでよくニューヨークへ旅行に出かけていました。
スニーカーを履き、青信号に変わる前に歩き出す人々の中で躍動感を感じ、たくさんのエネルギーをもらった・・・気がしました。

バリ島に在住して20年。早歩きで歩くことがカッコいいと思っていた自分、そして他の人と比べる自分は、今はもういません。目標に向かってきちんと歩いていれば、早歩きでも、ゆっくり歩いていても、最後は必ずゴールにたどり着くことが分かりました。人のペースに巻き込まれず、自分のペースで歩く事が大切なんだと今は感じています。


さて、そんな私の人生観を変えたバリ島と日本との時差はたったの1時間。透析患者さんにとって、時差が少ないと体への負担も少ないかと思います。

イメージ
イメージ

1年を通して暖かい(暑い?)バリ島は、5月から10月前後は乾季になります。特に7月から9月のバリ島は本当にカラっとしていて過ごしやすいので、蒸し暑い日本の夏を逃れるためにバリ島へ来るのが良いでしょう。そして、11月から4月前後は雨季となります。雨季は確かに雨が多いですが、寒い日本の冬から逃げるために常夏のバリ島に来るのも良いです。どちらもお勧めです!


そして、海外旅行中一番気になるのが食事ではないでしょうか?
バリ島の代表的なお料理はナシゴレン(インドネシア風チャーハン)とミゴレン(インドネシア風焼きそば)。食べる場所により味付けも違います。ナシチャンプルはワンプレートに盛り付けた家庭のお惣菜で、ご飯の周りに色々なおかずが並びます。ご飯が主食の国なので意外と日本人の口に合います。辛いのが苦手な方は“No, Chili.”と言えば辛くせずにお料理してくれます。

ナシゴレン
ミゴレン
ナシチャンプル

バリ島はとても小さな島ですが、5つもの世界遺産を持っています。他にも見所が沢山あります。一歩外に出るとヒンドゥー教徒のお祈りする姿。お線香の香りやスパイスの香り。視覚、味覚、聴覚、嗅覚、触覚・・・体全体でバリ島を楽しんでください!

バリ島の魅力は人との出会い、そして触れ合い。ゆっくり流れる時間の中で人の目を気にしない本当の自分に出会えるのが魅力だと私は思います。


お勧め1日ツアー(芸術の村、ウブドゥ村に行こう)

ハンドバティック

少し早目にホテルを出て、途中トパティー村によってハンドバティックの見学、その後チュルック村でシルバー工芸を見学します。

シルバー工芸

象の顔が彫刻された洞窟があるゴアガジャ寺院を見学し、時間に余裕があればキンタマーニ高原まで一気に登って、世界遺産であるバトゥール湖を見学します。

バトゥール湖

ゴアガジャ寺院

物売りが少しうるさいけれど、怒らないで笑顔でNo、Thank You!  続いてライステラスが見えるカフェでお昼ご飯。ついつい時間がたつのを忘れてしまいます。

ライステラス

カフェ

帰り際にウブドゥ市場や街中でショッピング。ネカ美術館で散歩がてらに絵画を見てゆっくり時間を過ごしましょう!夕方にはホテルに戻ることができます。

ウブドゥ市場
ネカ美術館

夕方からのツアー

「夕日に浮かぶお寺」タナロット寺院。私がバリ島で一番好きなお寺です。大きな岩の上にあるお寺は、満潮の時はまるで海に浮かんでいるかのように見えます。

タナロット寺院

干潮の時であれば、お寺のふもとまで行くことができ、聖水をかけてもらったりお祈りしたりできます。お祈りの前に湧き出た水で手などを清めるのですが、海から湧き出た水なのにしょっぱくなく真水なんです。

もう一つお勧めがウルワツ寺院のケチャックダンス。ウブドゥ村では毎晩のようにバリ舞踊が見られ、技術的にはこちらの方がうまいと思いますが、ウルワツ寺院のシチュエーションとパフォーマンスは素晴らしいものがあります。

ケチャックダンス

ケチャックダンス

RIA BALIのご紹介

RIA BALI外部サイトへ

私は2005年よりバリ人の夫と空港近くで台所付の宿泊施設、”RIA BALI”を経営しています。透析コーディネーターという立場から「透析者に優しい宿泊施設」としてご紹介させていただきます。

日本からバリ島までのフライトは7時間。
”RIA BALI”は空港から2キロしか離れていないので、飛行機の旅で疲れた体をすぐにお部屋で休めることができます。また、お帰りの際は出発ギリギリまでお部屋をご利用いただくこともできます。

お部屋には体重計を置いていますので、外食が多い旅行中の体重管理ができます。また、台所を利用して自炊ができますので、朝ご飯などで食事のコントロールをしていただけます。

私たち家族は宿泊施設の敷地内に住んでおり、滞在中はバリ島で利用できる携帯電話をお貸しします。旅行中はいつでも私と連絡を取ることができるので、安心してバリ島旅行を楽しんでください。

”RIA BALI”では、オリジナルツアーなどもご用意しております。
詳しくは海外透析旅行 バリ島に行こう!(http://www.ria-bali.com/balitouseki.htm)外部サイトへをご覧ください!

ぜひバリ島に来てください!皆さんにお会いするのを楽しみにしております♪

織田裕恵

織田裕恵

バリ島透析コーディネーターの織田裕恵(おだひろえ)です。

透析治療を受けながらバリ島を訪れたい方々の為に、この度バリ島透析コーディネイターになる事を決意しました!バリ島の透析施設のご紹介だけではなく、バリ島へのチケット、ホテル、美味しいレストラン、観光場所など、バリ島に関する事ならなんでもご相談ください。バリ島到着後も、もちろんサポートさせていただきます。

「じんラボ」さんとがっちりタックルを組んで、「世界一ハートフルな透析コーディネイター」を目指します!(^_^)v

連絡先:織田裕恵(おだひろえ)
メールアドレス:japan@ria-bali.com
TEL:+62-821-4454-0458(バリ島の携帯)
ホームページ:海外透析旅行 バリ島に行こう!外部サイトへ Facebook:https://www.facebook.com/tousekibali外部サイトへ

織田裕恵 の記事一覧

こんな情報が知りたい、私も何か記事を書きたいなど、「生き活きナビ」にご意見をお寄せください!

ご意見をお寄せください

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。

生き活きナビ内検索