じんラボ ファンキー館 OPEN!

[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

腎不全にうまれて
〜腹膜透析から移植、血液透析導入まで〜

2013.3.31

【第5話】【最終回】終わりと始まり

公務員に採用されて最初の健診で甲状腺が少し腫れていると言われたので、医大で診てもらうと甲状腺の機能が低下しているとのことで薬を処方されました。

2016.1.14

【第4話】冬を越えて

試験の結果が出るまで不安で不安で仕方がありませんでした。もしここで落ちたら急いで進路変更をしなければなりません。

2015.12.17

【第3話】就職氷河期をわたる

公務員になるために、公務員を多く排出している高校を受験した私。合格発表は母と2人で見に行き、先に番号を見つけたのは母でした。合格して嬉しかったけれど、自分で見つけたかったなぁと少し後悔しています。

2015.11.9

【第2話】ゆっくり下り坂

今回はがん摘出後から中学校の頃まで書こうと思います。では、またびょんの一人語りにしばらくお付き合いください。

2015.10.15

【第1話】怒涛の3年間

生後約1週間の時、先天的なネフローゼ症候群の疑いがあると言われました。生まれた時は普通の体重だったのが1週間で異常に増えたため、どうやらこの子はネフローゼ症候群らしいということになったのだそうです。

2015.9.3

びょん

びょん

1991年岩手県生まれ。岩手県在住。生まれてまもなく先天性ネフローゼ症候群と診断され腹膜透析治療を開始し、2才半の時に母より生体腎移植を受けました。1994年春、左腎に腫瘍が見つかり(ウイルムス腫瘍)、摘出しました。23歳から血液透析導入になり現在に至ります。特技はパソコンのキーボードのタイピング。運動は苦手、読書が好きなインドア派ですが、最近の休日は腎友会青年部の仲間といろいろなところへ出かけることが多いです。透析は火曜コースの午後です。今の目標は一人暮らしできるようになることです。