[ 新規会員登録(無料)] または [ ログイン ]

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、元気に生活するためのすべてがここに。

料理研究家 宮成なみの夢を叶えるごはん日記の作り方

2013.3.31

「料理研究家 宮成なみの夢を叶えるごはん日記の作り方」では、宮成なみさんが経験した病気や食事のことを紹介しながら、保存期や透析患者さんに役立つ調理のポイント、減塩のポイントも少しずつご紹介します。
同じ透析患者だから分かる食事制限の厳しさを、料理研究家の立場から「こうすれば食べられる」という“プラスの食事療法”で、食事の「楽しさ」「団らん」「コミュニケーション」をお伝えします!


【第7回】食改善・体験報告:飲み方を変えただけで、たったの1週間で、リンが2.7mg/dLまで下がってびっくりした時の話

現在通っている透析病院の先生からいただいたアドバイスで、リンの検査データがびっくりするほど改善した話を紹介しようと思います。

2016.8.29

【第6回】具沢山のスープ 〜保存期の食事療法〜

私の病気は一生治ることがありません。腎臓を壊すきっかけとなった原疾患の進行を遅らせるため、また少しでも今ある腎機能を守るためにも食事療法は欠かせません。

2016.6.20

【第5回】おばあちゃんとがめ煮

1年弱の入院生活を終え、食事療法と投薬治療のおかげでなんとか透析をせずに退院することができました。しかし、私の身体は58㎏から38㎏まで痩せ、手足はマッチ棒のように細くなり、目はくぼみ、頬はこけて、お腹だけぽっこり膨らむ餓鬼のような体になりました。

2016.4.11

【第4回】闘病生活ってどんなもの? 模索し続けた可能性

「このままでは、3ヶ月後に透析になってしまいます」生まれ持った病気から壊れてしまった腎機能をこれ以上失わないことを最優先に、辛い投薬治療と厳しい食事療法が始まりました。

2015.12.7

【第3回】初めて聞く言葉「しょくじりょうほう」

「現代の医学で、なみちゃんの病気を治す方法は無いけれど、唯一病気の進行を遅らせる方法があります。それが“食事療法”です」

2015.10.22

【第2話】突然の発病

人はそれぞれ生まれつき素晴らしい個性を持って生まれてきます。背が低かったり手が大きかったり、一人ひとり顔が違うように十人十色。いろんな個性を持って生まれてきます。私は人とは少し違う個性を持って生まれてきたのだと、お医者さんは言いました。

2015.8.27

【第1話】お腹を痛めて生んだ子が…母の決断!

「お母さんはあんたを丈夫に産んであげられなかったから、その分、生きていく力をつけさせたかったの」母は私にそう告白したことかあります。

2015.7.23

緑の文字の用語はオンマウスで用語解説が見れるよ。クリックするとさらに詳しい用語解説ページに移動するよ。